.カラーダイヤモンドのタノー宝石

HOME > 宝石大事典 > カラーダイヤモンド博士

随時更新しています Last Update 2017年06月03日
カラーダイヤモンドのタノー宝石
カラーダイヤモンド(カラーダイヤ)の比較、選び方、価値、基準、意味などについての詳しい説明です。
ピンクダイヤ、ブルーダイヤ、イエローダイヤ、グリーンダイヤなどのルースやジュエリー等についてもご案内しております。
コンテンツ (目次)

【 カラーダイヤモンドについて 】

【 各カラー別ご説明 】
■Color Diamond カラーダイヤモンド
カラーダイヤモンド イメージ画像
「カラーダイヤモンド」は、ほぼ全色あります。

大まかに分類すると「無色透明」、「ホワイト(White)」、「イエロー(Yellow)」、「オレンジ(Orange)」、「ピンク(Pink)」、「レッド(Red)」、「パープル(Purple)」、「バイオレット(Violet)」、「ブルー(Blue)」、「グリーン(Green)」、「ブラウン(Brown)」、「グレー(Gray)」、「ブラック(Black)」。虹の7色と同じ色は存在しているわけです。
GIA(米国宝石学会)がグレード(鑑定)する色は、「イエロー」、「オレンジ」、「ピンク」、「レッド」、「パープル」、「バイオレット」、「ブルー」、「グリーン」の8色です。
「ホワイト」、「グレー」、「ブラック」、「ブラウン」は、基本的にGIAのカラーチャートには含まれておりません。

しかし例えば「ブラウン」の綺麗なものは「コニャックダイヤ」などと称賛を受け世界中の人々から愛されていますので、あまり鑑定機関の動向に左右されないことも必要かなと思います。

カラーダイヤモンド コレクション Colored Diamonds Collection
ピンクダイヤ
ピンクダイヤモンド
レッドダイヤ
レッドダイヤモンド
オレンジダイヤ
オレンジダイヤモンド
イエローダイヤ
イエローダイヤモンド
グリーンダイヤ
グリーンダイヤモンド
ブルーダイヤ
ブルーダイヤモンド
バイオレットダイヤ
バイオレットダイヤモンド
パープルダイヤ
パープルダイヤモンド
ブラウンダイヤ
ブラウンダイヤモンド
ホワイトダイヤ
ホワイトダイヤモンド
 グレーダイヤ
グレーダイヤモンド
 ブラックダイヤ
ブラックダイヤモンド
カメレオンダイヤ
カメレオンダイヤモンド
バイカラーダイヤ
バイカラーダイヤモンド
レアーダイヤ
レアダイヤモンド

▲ ページトップへ

■Science of Color Diamond カラーダイヤモンドの【色】の要因

なぜ「カラー」になるのか…、残念ながら完全な科学的証明はまだされておらず、不明な部分が多いのです。

分かっているのは、「放射線の照射などによる結晶構造の変化」、「ダイヤモンドの生成過程に何らかの不純物が混ざり、それによって色が生じている」ということです。
窒素、ホウ素、水素などの不純物に加え、結晶構造の欠陥が可視光線のエネルギー範囲に相当する低い電子状態を作り出し、このため可視光線の吸収が起こります。その結果、ダイヤモンドに色がついて見えるのです。

・ピンクダイヤモンド・レッドダイヤモンド・・・窒素原子が取り込まれ、その隣の炭素原子が欠けることでピンク色や赤色になる。
・ブルーダイヤモンド・・・炭素原子1億個中に5~6個以下の割合(0.05〜0.06ppm)でホウ素原子が取り込まれることで青色になる。
・グリーンダイヤモンド・・・取り込んだ窒素原子2個にはさまれた炭素原子が欠けることで緑色になる。
・イエローダイヤモンド・・・取り込んだ窒素原子の含有量が、炭素原子100万個に対して10〜5500個(10ppm~5500ppm)の含まれることで黄色になる。
・ブラックダイヤモンド・・・肉眼で確認できない微量元素がカラーの要因ではなく、ダイヤ内部に含有する鉱物(グラファイトや鉄鉱石)などのインクルージョンが多く含まれ、これらの鉱物の色を反映して黒く見えるものが天然のブラックダイヤである。

ちなみに1カラットのダイヤモンドは、「96億×1兆(=9,600,000,000,000,000,000,000)」個の炭素原子から成っています。

科学的に証明されるのも良いですが、分からない部分があるというのも「神秘的」でいいと思いませんか。

▲ ページトップへ

■Natural Diamond & Treatment Diamond ナチュラル&トリートメント カラーダイヤモンド

ピンクダイヤ(ナチュラル)
▲Fancy Vivid Purplish Pink (natural)

ピンクダイヤ(トリートメント)
▲Fancy Vivid Purplish Pink (treat)

カラーダイヤモンドには、色の起源によって「ナチュラルダイヤモンド Natural (Fancy) 」と「トリートメントダイヤモンド Treatment 」の2種類に分類されます。

「ナチュラル」ダイヤモンドとは、ダイヤモンドのカラー生成が天然の物を指します。

これに対して、ダイヤモンドそのものは本物の天然ですが、色のみ人工的につけたダイヤモンドを「トリートメント」ダイヤモンドして区別しています。

人工的に色をつける方法は、(1)放射線を照射する、(2)分子構造を変えて色を生じさせる、(3)高温高圧(HPHT)プロセスなどの方法があるといわれています。

もしかしたら、技術の進歩で他の方法も存在するかもしれませんが、私はまだ聞いたことがありません(^^;)

===放射線処理について===

放射線処理と聞いて「人体への悪影響は?」と心配になられるお客様もいらっしゃいます。

放射線照射は、1900年初期に実験的に行われ、初期は何年も残る強い放射性が問題視されましたが、現在では放射線処理をした後、残存放射性が残ることは無いとされています。

この方法は、ラジウム塩あるいはラドン、コバルト60を照射することで色の改変を行う技術で、照射には電子線加速器を使います。
なかでもファンデグラーフ加速器による着色は、淡いアクアマリンブルーから、緑青色までの色調が得られます。

現在は、原子炉処理へと処理技術が移行しており、ピンクやブルー・グリーンといった色調も作り出されています。

自然界ではダイヤモンドの結晶が何百万年という長い期間に放射性物質と接触することで、ダイヤモンドのカラーが作られていきます。
それを短期的な放射線処理によってカラーを帯びさせるというのがこの手法で、それが自然の放射線か、人為的な放射線かを判別することは困難とされています。

しかし、近年では大半の放射線処理ダイヤモンドは、「分光光度計 」での分光分析によって、それが天然の色と同異なるかを判別することで見分けられるようになっています。

ただ、それでも色の起源が「天然」なのか「人工的」なモノなのか判断がつかない場合があります。

2重の説明となりますが、自然界にも放射線は存在しており、ダイヤモンドの生成後に自然界の強い放射性物質にさらされると色がつくことがあるからです。

この判断が難しいとされるのが、「グリーン(Green)」、「ブルーグリーン(Blue Green)」、「グリニッシュ・ブルー(Greenish Blue)」「ブルーイッシュ・グリーン(Bluish Green)」「グレーイッシュ・グリーン(Grayish Green)」等のブルー系やグリーン系のダイヤモンドです。

ご参考情報 ・・・中央宝石研究所ではガイガーカウンター を使用して、疑いの可能性のある宝石などについては残留放射能についても検査しているようです(2008〜2009年頃の情報)。

2007年頃から「コーティングダイヤモンド」などと呼ばれるトリートメント(?)カラーダイヤが市場に流通し始めました。上記の3方法とは異なり、ダイヤ表面にコーティングする方法でピンクならピンクダイヤに見えるようにしているようです。

ただ、コーティングということは、メッキのように薄い膜をダイヤ表面に貼り付けているのと同じ状況ですので、その膜が剥がれれば当然色が落ちる(地の色に)なります。

コーティングダイヤの耐久性試験結果(メーカー発表値)
(あくまで一般論であり、剥離・変色・破損等の責任は一切負いかねます)
不可
加熱 500℃まで 500℃以上
ダイヤモンド洗浄 イソプロピルアルコール、アセトン 
ジュエリー洗浄 超音波、スチーム洗浄
家庭内での使用 洗剤、石鹸、漂白剤
ダイヤモンドのセッティング プロングセット、フラッシュセット、チャンネルセット、ペイブセット ワックスセット、テンションセット
ダイヤモンドのリカット ダイヤモンドのリカット不可 
ジュエリー製造 パビリオンに研磨機を使用することでコーティングが剥離
研磨 表面にざらつきのあるサンドペーパー等での研磨不可

●当然ですが、「トリートメントダイヤ」に比べて天然起源の「ナチュラル(ファンシー)ダイヤモンド」は別格の扱いを受けています。

▲ ページトップへ

■Place of Production カラーダイヤモンドの産地

ちなみに、どこの国で産出されるのでしょうか?
ピンクダイヤモンドの産地として有名なのが、オーストラリアのアーガイルです。
その他、ナチュラルカラーダイヤモンドを産出するのは、ロシア、ブラジル、インド、タンザニア、ザイール、アンゴラ、南アフリカなどです。

また、最近鉱山の発見された、カナダに期待したいですね。

▲ ページトップへ

■Quantity カラーダイヤモンドの産出量

ズバリ、全ダイヤの0.01%位(ピンクダイヤモンドの場合)。
色々な数値が発表されていて、資料によって違うのですが、ダイヤモンド10,000個の内、ナチュラルカラーダイヤモンドは1コあるか無いか〜10個以内といわれています。
この数値をから分かるように、ナチュラルカラーダイヤモンドが非常に希少価値のある宝石だということがお分かりいただけると思います。

産出量の多いカラーとしては、「イエローダイヤモンド」「ブラウンダイヤモンド」系が上げられます。
ただ、特級クラスの「イエローダイヤモンド」「ブラウンダイヤモンド」はやはり産出量が全然少ないです。

▲ ページトップへ

Grading カラーダイヤモンドの鑑定について

さて、「カラーダイヤ」はどのように鑑定されているのでしょうか?

GIA基準ですと、マスターストーンとの比較やマンセルのカラーチャート を参考に地(ベース)の色を決めます。
フェイス・アップ(クラウン側)でグレーディングに支障をきたす内包物などが無い場合は、クラウン側からグレーディングします。そうでない場合は、パビリオン 側からグレーディングします。

他の光源や色に邪魔されないよう、無彩色(グレー)の囲いの中でカラーダイヤを判定するのに最適とされる一定の波長の蛍光灯の元にカラーダイヤを設置し、ベースの色だけなのか他の色が混在している(混ざっている)のか判定し、カラーグレードを「彩度」と「明度」から判定します。

ジャッジU
▲ ジャッジU 画像

カラーダイヤモンドは『ジャッジU(Judge U)』と呼ばれる箱型の囲いの中でカラーをグレーディングします。
ジャッジUは、内寸が50.8×60.9×50.8(高さ×幅×奥行き)cmで内側はグレー(マンセル N7)で覆われています。その中に『キセノンタイプ D65 ( Xenon-type D65 Daylight ) 』という波長の蛍光灯が付いています。

カラーダイヤを安定しておける溝が掘られているマットな白いプラスチック製のケース(トレー)の上に置き、ダイヤのテーブル面(上側の平らな面)を表にして、光源から出た光がテーブル面で正反射しグレーダーの目との角度が45°になる位置で判定します。
もちろん、グレードする部屋や周りにダイヤのカラーに影響を及ぼすような色を持つ物体は置いてはいけません。

一般的なグレーディングレポート(鑑定書)に記載される表示方法は、【カラーグレードの接頭辞】+【色相】となっています。

カラーグレードの接頭辞は、色の濃い(単純に濃い)順に以下のようになります。
接頭辞
各グレードをクリックすると該当カラーダイヤを、新しいウィンドウでご覧頂けます。
■ 「 ファンシービビッド ( Fancy Vivid )
■ 「 ファンシーインテンス ( Fancy Intense ) 」 
■ 「 ファンシーディープ ( Fancy Deep )
■ 「 ファンシーダーク ( Fancy Dark )・・・「濃い」というより「暗い」、「黒い」が正しいかもしれません。
■ 「 ファンシー ( Fancy )
■ 「 ファンシーライト ( Fancy Light )
■ 「 ライト ( Light )
■ 「 ベリーライト ( Very Light )
■ 「 フェイント ( Faint )

AGTジェムラボラトリー・カラーダイヤモンド鑑定書見本
▲ AGTジェムラボラトリー鑑定書見本(カラーダイヤモンド版)

GIAカラーダイヤモンド鑑定書見本
GIAカラーダイヤモンド鑑定書見本
▲ GIAカラーダイヤモンド鑑定書見本(カラーダイヤモンド版)

カラーグレードイメージ(AGT)ピンクダイヤ
このカラーグレードの接頭辞は「彩度」と「明度」の2つの観点からグレーディングされています(左図参照 : カラーグレード・イメージ (AGTジェムラボラトリー) ピンクダイヤの場合)。

例えば、「ファンシーダーク」と「ファンシー」の場合、「彩度」はほぼ同じです。しかし、「明度」は「ファンシー」のほうが高い明度で、「ファンシーダーク」のほうが明度は低くなっています。
ですから、単純に色の濃さの順で見ると「ファンシーダーク」のほうが「ファンシー」よりも濃いとされていますが、明るさは「ファンシー」の方が高いといえます。
ただ、一つ留意しておいて頂きたいのが、左図の白丸のA、B、Cとも鑑定結果は『Fancy Pink』となることです。

単純に「A」「B」「C」の中では「A」が一番綺麗で「C」が一番人気が無いと思います。

「C」はピンクの色が薄く、かつ黒っぽく(暗い)見え、あまり鮮やかさを感じないと思います。「B」と「C」の違いは、彩度にあります。「B」のほうが「C」よりも鮮やかな色合いを持っています。
「A」と「B」の違いですが、「A」のほうが恐らく綺麗でしょうが、人によっては「色が薄い」と感じる人もいるかもしれません。「B」の方がしっかり色が濃く見えるでしょうから、「B」を「A」よりも好む人もいると思います。
ここらへんは個人の好みに大きく左右されると思いますので、鑑定書的な結果も大事ですが、自分の目と感覚に訴えてくるダイヤがあなたのカラーダイヤなのだと思います。

カラーダイヤに対して正しい評価を下す業者なら、「A」「B」「C」の価格は当然違ってきます。(いいかげんな業者は、残念ながら価格もめちゃくちゃです。)
他の3C(カラット・クラリティ・カット)が同じ『Fancy Pink』でも、価格に差があるのはこのためです。

実際のピンクダイヤを並べてみると判るのでしょうが、そんなに大量にピンクダイヤを所有することは個人では(業者でも)かなり難しいと思います。

同じ『Fancy Pink』評価のA、B、Cでも、Aは『Fancy Intense』に近いですし、Bは『Fancy Dark』や『Fancy Deep』に、Cは『Fancy Dark』に近いですので、正しい業者なら「A」が一番高価で次に「B」となり、「C」は間違いなく一番安価になると思います。

色相は「パープル」「レッド」「ピンク」「オレンジ」「グリーン」「ブルー」「バイオレット」「イエロー」「ブラウン」「ホワイト」「グレー」「ブラック」などがあります。

2つ以上の色相が混ざっている場合は

【カラーグレードの接頭辞】+【その他の色相】+【優勢な色相】

で表されます。

例えば、「ファンシー・ビビッド・パープリッシュ・ピンク(Fancy Vivid Purplish Pink)」等と、表記されます。
意訳すると、「もうむちゃくちゃきれいで色の濃い、パープルがかったピンク」とでもなりましょうか。
ピンクダイヤモンド
▲ Fancy Vivid Purplish Pink (natural)

そして混同しやすく注意を要するのが、次のような例です。

(A)「○○ グリニッシュ・イエロー (Greenish yellow)」と
(B)「○○ イエローイッシュ・グリーン (Yellowish Green)」など、似た評価の場合です。


グリーニッシュ・イエロー・ダイヤモンド
▲(A) Fancy Greenish Yellow (natural)


イエローイッシュ・グリーン・ダイヤモンド
▲(B) Very Light Yellowish Green (natural)


(A)は「緑色がかった黄色」つまり「イエローダイヤ」、
(B)は「黄色がかった緑色」つまり「グリーンダイヤ」なのです。
どちらも似たような色合いですが、評価がまったく違ってきますので、注意が必要です。

また、次のような例もあります。

(C)「○○ グリーン・イエロー(Green Yellow)」と
(D)「○○ イエロー・グリーン(Yellow Green)」です。


グリーンイエローダイヤモンド
▲(C) Fancy Green Yellow (natural)


イエロー・グリーンダイヤモンド
▲(D) Very Light Yellow Green (natural)


(C)(D)はグリーンとイエローが殆ど同じ強さで、どちらが強いとは判断しかねる場合に使われます。
しかし、敢えて言うならイエローが強い場合が(C)で、敢えて言うならグリーンが強い場合が(D)となります。

非常に微妙な鑑定ですので、鑑定書だけに頼るのではなく、自分の眼と直感で感じるものがあったら、そのダイヤは"Get"ですね。

以上のように、とても微妙な判断を要求されるカラーダイヤモンドのグレーディング。

いくつかの疑問がわいてくるかと思います。私が思い浮かんだのは、

(1)人種(瞳の色)による違い
(2)着ている衣服、壁、天井、床の色は影響しないのか?
(3)裸眼と眼鏡とコンタクトレンズによる違い
(4)年齢による違い(若いグレーダーと老眼のグレーダー)

上記の疑問に2009年9月に答えを得る機会を得ました。GIAの最高品質責任者であるジョン・キング氏が来日・講演されたのです。その講演の後、勇気を振り絞って(笑)、上記内容を質問してました。

ジョン・キング氏のご回答としては、

(1)人種による違いは、「ありえる」。
(2)周囲の環境に影響されないよう、ジャッジIIなどの箱型の機材を使うので、周囲の環境に影響されるとは考えていない。
(3)関係ないと考えている。ただし、サングラスなど有色のレンズではなく、透明のレンズに限る。
(4)ありえると思うが、年齢による差が無くなるようグレーダーは訓練している。

万全・公平を期すために、プロの通訳の方を通してのやり取りをしました。ですので、多少のニュアンスの違いはあるかもしれませんが、ざっくりとした解答は上記のようになります。

(1)に関しては、その後ディーラーさんと話しているときに、色に敏感とされるのは、

青色や緑色の瞳 > 茶色や黒い瞳
女性 > 男性

との説もあると聞きました。上記の説からすると、真偽の程は別にして、白人女性が最も色に敏感であるということになりますね!

ただ、ネット上での情報ですと、「瞳の色による色の感じ方の違いはない」という眼科医(?)の方の学説(?)もありましたので、本当はどうなんでしょう(笑)?

また(3)に関しては顕微鏡などのレンズ関連のお仕事をされている方が、「完全に無色透明のレンズは作成不可能で、必ずレンズの色が混ざるので色が変わってしまう」との内容のことをおっしゃっていたような記憶があります。

うーん、真相や如何に。。。

より詳しい情報をお持ちの方はぜひご一報くださいませ。

上記のほかにも、グレーディング時に気をつけなければならない点として

・光源の違い
・色(カラー)の記憶(思い込み、残像)
・観察者の個体差
・ダイヤのサイズ(大きさ)によって色が違って見える
・ダイヤを見る方向(角度・アングル)
・背景の違い

があると指摘していました。

GIAでは、「ダイヤ全体の色の融合を見る」、そして、

・フェースアップ(表面)のみ
・光源・角度
・光源は一箇所のみ
・同じ行程を経る(ダイヤのカットの違いにかかわらず)

また、「パッと見では(グレードを)決めない」ということも重要なようです。

他にもいろいろ盛りだくさんの講演でしたが、講演の内容、Q & A は以上とさせていただきます。

ネット上ですとかなりの部分を鑑定結果に頼らざるを得ないところがありますが、気になるカラーダイヤモンドを見つけたら極力実際にご自身の目で確認し、何か感じるものがあったら、それがあなたのカラーダイヤモンドだとおもいます。
ちょっと宣伝♪ 当店では、【 お車代サービス 】 & 【 お伺いサービス 】やっています!ぜひぜひお気軽にご利用下さいませ!

なお、一つの判断基準として、どこの鑑定機関が鑑定しているかは大きな目安になります。
世界中で通用するのは、GIAです。GIAの鑑定書が付いていれば、まず安心です。(GIAの鑑定書が付いていると値段も高くなりますが・・・^^;)
国内鑑定機関ですと、AGTジェムラボラトリーがいいと思います。そして、中央宝石研究所もまず大丈夫です。

当店では、上記4機関(GIA、AGTジェムラボラトリー、中央宝石研究所)か日本宝石学協会のいずれかの鑑定を取っていますのでご安心くださいね!

その他に関しては、何か情報が入り次第、追記しますね。

鑑定機関

カラーチャートイメージ(ピンクダイヤ)AGT
▲カラーグレードイメージ(AGT)
ピンクダイヤ


カラーチャートイメージ(オレンジダイヤ)
▲カラーグレード・イメージ (AGT)
オレンジダイヤ


カラーチャートイメージ(パープルダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
パープルダイヤ


カラーチャートイメージ(ブルーダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
ブルーダイヤ


カラーチャートイメージ(バイオレットダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
バイオレットダイヤ


カラーチャートイメージ(グリーンダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
グリーンダイヤ


カラーチャートイメージ(グレーダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
グレーダイヤ


カラーチャートイメージ(イエローダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
イエローダイヤ


カラーチャートイメージ(ブラウンダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
ブラウンダイヤ


カラーチャートイメージ(ホワイトダイヤ)AGT
▲カラーグレード・イメージ(AGT)
ホワイトダイヤ


カラーチャートイメージ(GIA)
▲カラーグレード・イメージ (GIA)

カラーグレード用語の境界(GIA)
イエロー
Yellow
ブラウン
Brown
グレー
Gray
その他 ( ピンク、ブルー、グリーンなど )
Other ( Pink, Blue, Green, etc )
D 文字グレードのみ
Letter Grade Only
文字グレードのみ
Letter Grade Only
文字グレードのみ
Letter Grade Only
E
F
G カラーダイヤモンド カラーグレード
Colored Diamond Color Grade
H
I
J
K 文字グレード+「フェイント・ブラウン」
Letter Grade + "Faint Brown"
「フェイント・グレー」
"Faint Gray"
L
M
N 文字グレード+「ベリー・ライト・ブラウン」
Letter Grade + "Very Light Brown"
「ベリー・ライト・グレー」
"Very Light Gray"
O-P
Q-R
S-T 文字グレード+「ライト・ブラウン」
Letter Grade + "Light Brown"
「ライト・グレー」
"Light Gray"
U-V
W-X
Y-Z
>Z カラーダイヤモンド カラーグレード
Colored Diamond Color Grade

=== 2003(平成15)年10月1日以降、カラーダイヤモンドの表記について、一部変更があります。 ===

平成15年8月、中央宝石研究所より、以下の内容のカラーダイヤモンド記載内容に関しての変更のアナウンスがありました。

近年、GIAでは人為的に処理されたカラーのダイヤモンド(※1)に対しても色の起源を明確にした上でカラー・グレーディングを行っております。これに倣って宝石鑑別団体協議会(AGL)でも、処理石に対して、カラーグレードを行うこと、ならびにすべてのファンシーカラーおよび処理により色が変化させたれているものを対象に色起源を明記することが決定されました(※2)。
※1:放射線照射処理、高温高圧(HPHT)プロセスおよびそれらの疑いがあるダイヤモンド。
※2:色起源の記載は、天然のDからZカラー以外のすべてのカラーグレードが対象となります。

■グレーディング・レポート記載例

●天然のファンシーカラーの例

 COLOR GRADE : FANCY INTENSE PINK
 COLOR ORIGIN : 天然(NATURAL)

●放射線処理の例

 COLOR GRADE : FANCY GREENISH BLUE *
 COLOR ORIGIN : 人為的照射 *
 その他(COMMENTS) : *色の変化を目的とした人為的な照射が行われています。

●注意点:
これまで(2003年10月1日以前)は、ナチュラル(天然起源)のダイヤモンドにしか「FANCY」等の接頭辞は付きませんでした。
しかし、これからはトリートメントのダイヤモンドにも「FANCY」等の接頭辞が付きます。
パッと見ただけでは、区別が付きにくいですが、トリートメントの場合には、必ず「人為的照射」等の記載が付きます。
よく確認してくださいね!

▲ ページトップへ

■How to choose (Clarity,Cut・Shape …) カラーダイヤモンドの選び方(クラリティ、カット・シェイプ…)

最も重要なのは「色」です。

カラーダイヤモンドなのですから、まずは「カラー」を最重点項目に見ましょう。
よくダイヤモンドの説明に「4C」と呼ばれる評価基準があります。「カラット」「カラー」「クラリティー」「カット(シェイプ)」ですね。

無色透明のダイヤモンドを選ぶときには、4Cの中で優先順位をつけて、予算に見合った石を選んでいると思いますが、カラーダイヤの場合は、とにかく「カラー」です。
カラーを重要視し、「クラリティー」や「カット(シェイプ)・・・(ダイヤモンドの形、ラウンドブリリアントカットやハートシェイプカットなど)」を考慮に入れましょう。

ちょっとぐらいの傷や内包物は、「天然の証」ぐらいに思ってあまり神経質にならないことをお勧めします。
カットについてよくご質問頂くのですが、「ラウンドブリリアントカットなのにエクセレントやベリーグッドなどカットの評価が無いのですが・・・」。2006年1月1日以降、AGL(鑑別団体協議会)に所属する鑑定機関では、ラウンドブリリアントカットのカラーダイヤモンドに関してはカットの評価をしないということになりました。
ですのでラウンドブリリアントカットのカラーダイヤでカット評価が下されているものは、2006年1月1日以前に鑑定されたものか、AGLに所属していない鑑定機関による鑑定のものとなります。

そして何より、できる限り実際にご自身の目でご確認することを強くお勧めいたします。画像の色はあくまで画像、パソコンの設定などによって千差万別です。
実物が画像より綺麗なのは間違いないですが(故意に実物より良く画像を加工している悪質な場合もあります)、『百聞は一見にしかず』です。

お店でも照明や背景によって全然違って見えますので、蛍光灯、白熱灯、太陽光などできる限りの光源を試してみてください。ちょっと宣伝♪ 当店では、【 お車代サービス 】 & 【 お伺いサービス 】やっています!ぜひぜひお気軽にご利用下さいませ!

それから常に念頭に忘れずにいていただきたいのが、「とにかく、数が少ない」ということです。
「同じピンクダイヤが欲しい」と思っても、次に見つかるのは、明日かもしれないですし、5年、10年経っても見つからないかもしれないのです。

人と人の出会いと同じように、カラーダイヤとの出会いもあると思えてなりません。

皆さんのご購入の参考に少しでもお役に立てましたでしょうか?
「これも知りたい」「あんなことも教えて」など、ありましたらお気軽に質問してくださいね。

宝石のプロとして、一生懸命頑張りますので宜しくお願いします。

ご参考情報・・・ダイヤモンド婚約指輪の選び方

▲ ページトップへ

カラット (Carat)

ダイヤモンドの重量はカラット(略字ではct)で表示され、1カラット(ct)=0.2gです。

よく「大きさ」と思われていますが、正確には「重さ」です。
ただ、ダイヤモンド同士ならば比重が同じなので、「大きさ」と考えても大丈夫でしょう。でも、ダイヤモンドとルビーなど違う石同士だと比重が異なりますので、同じ1ctでも大きさは違ってきます。

通常、小数点第2位または第3位まで精密な電子天秤 ( カラット天びん ) で測定、表示されます。

呼び方など:カラット、キャラット、キャラ、carat、ct、cts

■ カラット別にダイヤモンドを見てみる
ラウンド・ブリリアント ラウンド・ブリリアント以外
〜0.09ct 〜0.09ct
0.1ct〜 0.1ct〜
0.2ct〜 0.2ct〜
0.3ct〜 0.3ct〜
0.4ct〜 0.4ct〜
0.5ct〜 0.5ct〜
0.7ct〜 0.7ct〜
1ct〜 1ct〜
1.5ct〜 1.5ct〜
2ct〜 2ct〜

▲ ページトップへ

クラリティ (Clarity)

「クラリティ」とは、ダイヤモンドにどのようなブレミッシュ(表面上の特徴)やインクルージョン(内包物)があり、それらがどの程度透明度に影響しているかの評価です。



GIA方式
FL
フローレス
10倍の拡大で無欠点
IF
インターナリー・フローレス
VVS VVS-1 10倍の拡大で発見困難な内包物
VVS-2
VS VS-1 10倍の拡大で発見がやや困難な内包物
VS-2
SI SI-1 10倍の拡大では発見が容易だが、肉眼では困難な内包物
SI-2
I I-1 肉眼で容易に発見できる内包物
I-2
I-3

GIA方式
 ・FL=Flawless(フローレス : 石の内外部無欠点)
 ・IF=Internally Flawless(インターナリー・フローレス : 内部無欠点)
 ・VVS=Very Very Slightly(ごくごく僅かな内包物)
 ・VS=Very Slightly(ごく僅かな内包物)
 ・SI=Slightly Included(僅かな内包物)
 ・I=Imperfection(欠陥・欠点)
    下付きの数字はその等級内の程度差を表します。

カラットやカラーと同様に、クラリティが価値に及ぼす影響は、希少性と直接関係しています。
研磨されたダイヤモンドを専門家が、 宝石顕微鏡 等で10倍に拡大し検査して評価されます。
インクルージョンの数量・大きさ・位置などで判定されます。
インクルージョンの存在は必ずしも否定的な要因ではなく、ダイヤモンドがどのように形成されたのかの情報源であり、またカッター(研磨職人)が原石をどの様にカットするかを決定する要因にも役立っています。
さらに「天然ダイヤモンド」である証拠を提供してくれることもあります。

市場に出まわる石としては、「VVS-1」〜「I-1」が多くなってます。
IF ( インターナリー・フローレス )」は市場に出ますがとにかく非常に数が少なく、「FL ( フローレス )」にいたっては、殆ど市場には出てきません。

宝石顕微鏡

ルーペ

▲ ページトップへ

カット / シェイプ ( Cut / Shape )

人間がダイヤモンドに唯一手を加えられるのが「カット」です。
カットによって、色を強調したり、インクルージョンを隠したりすることが出来ます。

カットによって

ラウンド・ブリリアント・カット(カラーダイヤ)

ラウンド・ブリリアント・カット(Dカラー~Jカラー)

マーキス・カット

ペア・シェイプ

ハート・シェイプ

オーバル・シェイプ

エメラルド・カット

プリンセス・カット

ラディアント・カット

クッション・カット

などと呼ばれます(下画像参照)。

珍しいカットですと、

スター

トリリアント

リリー

「バリオン」「バケット」「テーパー」「クロス」「ジニア」「ヘクサゴン」「ダリア」「マリーゴールド」「サンフラワー」など色々あります。

カットがなぜ重要視されるのか…それはカットの良し悪しによって、ダイヤに入ってきた光を反射することができるか左右するからです。
いわゆる「キラキラ光ってる」かそうでないかを決定してしまうからです。

既述ですが、カットについてよくご質問頂くのですが、「ラウンドブリリアントカットなのにエクセレントやベリーグッドなどカットの評価が無いのですが・・・」。
2006年1月1日以降、AGL(鑑別団体協議会)に所属する鑑定機関では、ラウンドブリリアントカットのカラーダイヤモンドに関してはカットの評価をしないということになりました。
ですのでラウンドブリリアントカットのカラーダイヤでカット評価が下されているものは、2006年1月1日以前に鑑定されたものか、AGLに所属していない鑑定機関による鑑定のものとなります。

ダイヤモンドの主なカットとその名称
(出典元:ジュエリーコーディネーター検定3級 テキストブック)

 ▼ラウンドブリリアントカット
 ラウンドブリリアントカット
 各名称はファセット(面)や部分の名称です。
マーキスブリリアントカット
▲マーキズ・ブリリアント・カット
オーバルブリリアントカット
▲オーバル・ブリリアント・カット
ペアシェイプブリリアントカット
▲ペア・シェイプ・ブリリアント・カット
ハートシェイプブリリアントカット
▲ハート・シェイプ・ブリリアント・カット
プリンセスカット
▲クォードリリオン・カット(プリンセス・カット)
エメラルドカット
▲エメラルド・カット
シングルカット
▲シングルカット
テーパーバケットカット
▲テーパー・バケット・カット
他の様々なカットを見てみる

■ カット・シェイプ
ラウンドブリリアント ファンシーシェイプ
3EX H&C
3EX H&C
ハートシェイプ
ハート *
EX H&C
EX H&C
エメラルドカット
エメラルド *
3EX
3EX
クッション
クッション *
EX
EX
オーバルシェイプ
オーバル *
VERY GOOD
VG
マーキース
マーキース *
GOOD
Good
ペアシェイプ
ペアシェイプ *
FAIR
Fair
ラディアント
ラディアント *
POOR
Poor
プリンセス
プリンセス *
ラウンドカラーダイヤ
カラーダイヤ
その他
その他 *
* 一部ダイヤ以外の宝石が表示されます。

▲ ページトップへ

■ ダイヤモンドのタイプ(型)について

ダイヤモンドのタイプ(型)について

ダイヤモンドは主に不純物の種類と量、さらにそこから導かれる物性の違いによって4つの型に分類されています。

以下の表からもお判りのように、窒素を多く含む『1a型』が天然では最も普通で、全体の産出量の98%を占めています。

1b型』や『2a型』、『2b型』は、非常に産出量が少なく、希少なものです。

紫外-可視及び赤外領域の分光検査、顕微紫外レーザーラマン分光分析装置によるフォトルミネッセンス分析(PL分析)という手法で判断されます。

1a型 1b型 2a型 2b型
窒素を 含む 含まない〜ごく微量を含む
窒素含有量(ppm) 10〜5,500 25〜50 <10 〜0
窒素の分布 薄板状の集団として偏在
(窒素が凝集した状態で存在している)
個々の原子として炭素原子を置換
(窒素は孤立した単原子の状態で存在している)
個々の原子として炭素原子を置換 ---
ホウ素含有量(ppm) 0 0 0 < 0.06

ボロン(ホウ素)が炭素原子を置換
産出量 98〜99% 〜0.1% < 2% 〜0%
色 (通常) 無色、黄色 黄色 無色、ピンク、ブラウン、オレンジ 青色、グレー
電気伝導性 絶縁体 絶縁体 絶縁体 半導体

*タイプ1a型は、さらに『タイプ1aA型』と『タイプ1aB型』の二つに分けられます。
*いずれのタイプも境界が明確ではなく、各種のタイプの特徴を併せ持った混合タイプも存在いたします。

▲ ページトップへ


■Rare Diamond レア(カラー)ダイヤモンド
●また、上記のほかに

・「バイカラーダイヤモンド(bicolor)」…一つの同じダイヤの中に2色入っているダイヤモンド

・「カメレオンダイヤモンド(Chameleon) 」…温度など条件によって色が変わるダイヤモンド

・「オパールダイヤモンド(Opal)」…オパールのように遊色効果を持つ乳白色のダイヤモンド


他の鉱物(宝石)等を内包するダイヤモンド

・「ガーネットダイヤモンド (Garnet in diamond) 」・・・ダイヤモンドの中にガーネットが混在しているダイヤモンド。
暗赤色の小粒状のアルマンディン・ガーネット(アルマンダイン・ガーネット)やパイロープ・ガーネットのインクルージョンを含んでいる。ダイヤモンドのキンバリー岩中で同生インクルージョンとして共生する。
ガーネット入りダイヤモンド
ガーネットダイヤモンド

画面右下部分にある赤色の内包物が、ガーネット。
ここまで綺麗な赤色のガーネットが入っているのは珍しいです。

・「(グリーン)ダイオプサイドダイヤモンド (Green Diopside in Diamond)」・・・ダイヤモンドの中にグリーン・ダイオプサイドが混在しているダイヤモンド
グリーンダイオプサイド入りダイヤモンド画像グリーンダイオプサイド・ダイヤモンド
ダイオプサイドが10ピース以上内包されている、非常に珍しいダイヤ。
鮮やかなグリーンなのでおそらくクロムダイオプサイドだと思われます。

・「ルチル・ダイヤモンド (Rutile in Diamond)」・・・ダイヤモンドの中にルチル結晶が混在しているダイヤモンド
ルチルダイヤモンド画像
ルチル・ダイヤモンド

天然ルチル結晶がはっきりと内包されているダイヤ。オレンジ色の綺麗なルチルです。

・「オリビン(ペリドット)ダイヤモンド (Olivine (Peridot) in Diamond)」・・・ダイヤモンドの中にオリビン(ペリドット)結晶が混在しているダイヤモンド。
同生インクルージョン。
斜方晶系の無色の小結晶として擬正方晶の角柱状として、また蝕融により角に丸みを持つ形状でダイヤモンドに内包される。主結晶のダイヤモンドの成長の過程中にその八面体方向に累積的に生成される。
オリビン(ペリドット)入りダイヤモンド
オリビン(ペリドット)ダイヤモンド

画面右上と左下にあるのがオリビン(ペリドット)の結晶。
ほぼ無色透明の結晶なので、一般的なペリドットの黄緑色のイメージとは違いますが、このような場合もあります。

・「子持ちダイヤモンド (Diamond in Diamond)」・・・ダイヤモンドの中にダイヤモンドの結晶が混在しているダイヤモンド
子持ちダイヤモンド(ダイヤモンド入りダイヤモンド)画像
子持ちダイヤモンド

子持ちダイヤモンド画像。ダイヤモンドの中にダイヤの結晶が入っているやはり非常に珍しいダイヤ。

・その他、スピネル、グラファイト、ヘマタイト、マグネタイト、パイロォタイトなどの結晶インクルージョンを内包するダイヤモンドもあります。

・どうしてダイヤモンドの中にガーネット等他の鉱物結晶があるの?

生成的に3種類に分類できます。
@初生インクルージョン ( protogenetic inclusion ) ・・・ゲスト・ミネラル(ガーネット等)が先に生成されていて主結晶(ホスト・ジェム=ダイヤモンド)の成長の際に取り込まれる。
母岩中に既に存在していた物質で、結晶の中で変形・不規則に現れる。
A同生インクルージョン ( syngenetic inclusion ) ・・・主結晶と同時に生成されるインクルージョン。
液体、気体成分の同時生成もある。主結晶と同時に形成されるため、主結晶軸に明確な配列的分布・方向性をみせる。
B後生インクルージョン ( epigenetic inclusion ) ・・・主結晶の成長後に条件の変化により内部生成される。
主結晶に閉じこまれていた液体や気体が、主結晶形成後の条件の変化により、晶出、凝固したインクルージョン。自形で主結晶の結晶方位に平行な方向性を持つ。
また、結晶のクラックやフィッシャーに沿って浸透した外部の物質の晶出によるものもいう。
▲ ページトップへ
 ■Blue Diamond  ブルーダイヤモンド
ブルーダイヤモンド ルース
▲ ブルーダイヤモンド ルース

Fancy Light Greenish Blue (natural), 0.056ct, VS-1, Cut-Cornere Rectangular Modiified Brilliant, CGL

天然(ナチュラル)ブルーダイヤモンド ルース画像
▲ ブルーダイヤモンド ルース

Fancy Light Blue (natural), 0.243ct, SI-1, Murquise Brilliant, Type2-b, AGT

ナチュラル(天然)ブルーダイヤモンドルース画像
▲ ブルーダイヤモンド ルース

Light Grayish Blue (natural), 0.066ct, VS-1, Murquise Brilliant, Type2-b, CGL

●最も高い評価を受けるのは、「レッドダイヤモンド」と並んで「ブルーダイヤモンド」といわれています。とにかく、採掘されません。
だから、市場にも殆んど出回らず、出たとしても、ため息の出る価格がついていることでしょう。

●もし、1カラット以上のナチュラルブルーダイヤをどこかの宝石店(博物館)などで見かけたら、じっくりと目に焼き付けてください。まさに、「人類の宝」ですね。

有名なブルーダイヤモンド

【ホープダイヤモンド】 The Hope Diamond
・45.52ct
・Fancy Deep Grayish Blue
・VS-1
・インド ゴルコンダ産
世界一有名なブルーダイヤモンド。燐光が赤色。スミソニアン博物館 米国

【ハート・オブ・エタニティ】 The Heart of Eternity
・27.64ct
・Fancy Intense Blue
(スミソニアン博物館のサイトによるとGIAがFancy Vivid Blueと鑑定したとの記述がありました)
▼カラーグレード別数量(%)

↓ Fancy Vivid : 1%
Fancy Deep : 10%
↑ Fancy Dark : 2%

Fancy Intense : 18%
Fancy : 49%
Fancy Light : 10%
Light : 6%
↓ Very Light : 2%
↑ Faint : 2%
▼クラリティ別数量(%)

Flawless or IF : 29%
VVS : 21%
VS : 34%
SI / I : 16%
●グラフはGIAがグレーディングしたブルーダイヤモンドの数量の分布図です。

●意外に思われるかもしれませんが、ブルーダイヤは高クラリティが結構多いのが特徴です。
 ダイヤモンドには『タイプT』と『タイプU』という分類があり(ダイヤモンドのタイプ(型)についての詳しい説明)、ブルーダイヤやグレーダイヤには『タイプU』が多いのです。
 この『タイプU』というダイヤはクラリティグレードが高い(良い)ものが多いため、ブルーダイヤも高クラリティが多くなるというわけです。

●それにしてもGIAをしてカラーグレードの母数が462ピース、クラリティ・グレードの母数が294ピースというのは、ブルーダイヤの希少性を証明しているような感じがします。
 Fancy Vividにいたっては、4〜5ピースしかGIAに持ち込まれていないということですからね!

●出会えたときに入手するしかないカラーダイヤですね!

●さて、資産価値としてはどうでしょうか・・・。

  日本国内では、0.1ct以下でも十分マーケットがあるのですが、 海外ではあまり小さいものは好まれないようです。
  経済のグローバル化を考えると、余裕があるなら1.00ct以上かつFancy以上ののブルーダイヤは十分に所有している価値があると思います。
  高級マンション買うか、ブルーダイヤ買うか、どちらが良いのでしょうね・・・(笑)

 このクラスになると世界中にマーケットがあるでしょうから、いつでもどこでも頼りになる青い鳥ならぬ青いダイヤになってくれると思いますが。。。
 あくまで私見です!ご自身で判断してくださいね!

そもそも「資産価値がある」とは幾ら位をいうのかもポイントですが・・・(^o^)/
●ご参考までに海外のオークションでの落札状況です。

開催年月 オークション
ハウス
color grade
carat
clarity
Cut/Shape
labo
落札価格
price
備考
remarks
1995年
11月
クリスティーズ Fancy Deep Blue
4.37
-
Oval-Shape
GIA
USD 2,486,530- 
1998年
5月20日
サザビーズ
ジュネーブ
Fancy Intense Blue
5.38
IF
Pear-Shape
GIA
CHF 2,313,500- ・約¥2億1380万円
・1ct当り・・・約3980万円
・Pt リング
1998年
6月18日
サザビーズ
ロンドン
Fancy Blue
7.63
---
Radiant-Cut
GIA
GBP 177,500- ・約¥4000万円
・1ct当り・・・約525万円(2009年の今となっては信じられない位の安値ですね)
・Pt リング
2001年
10月30日
サザビーズ
香港
Fancy Vivid Blue
3.03
IF
Heart-Shape
GIA
HKD 5,544,750- ・約¥8670万円
・1ct当り・・・約2860万円
・K18WG リング
2004年
4月26日
サザビーズ
香港
Fancy Vivid Blue
10.80
IF
Heart-Shape
GIA
HKD 33,102,400- ・約¥4億6400万円
・1ct当り・・・約4300万円
・K18WG リング
2007年
10月8日
サザビーズ
香港
Fancy Vivid Blue
6.04
IF
Emerald-Cut
GIA
HKD 61,927,500-
(USD 7,980,000-) 
・約¥9億3600万円
・1ct当り・・・約1億5500万円
・購入者:アリサ・ムサイエフ氏
・Pt リング タイプIIb
2007年
11月14日
サザビーズ
ジュネーブ
Fancy Vivid Blue
4.16
VS-1
Pear-Shape
GIA
CHF 5,313,000-
(USD 4,730,000-)
・約¥5億2550万円
・1ct当り・・・約1億2600万円
・購入者:ローレンス・グラフ氏
・Pt / YG リング
2008年
4月10日
サザビーズ
香港
Fancy Deep Blue
2.01
VS-2
Oval Shape
GIA
HKD 8,951,500- ・約1億1000万円以上
・1ct当り・・・約5470万円
・Pt リング タイプIIb
2008年
5月14日
クリスティーズ
ジュネーブ
Fancy Intense Blue
13.39
VS-1
Rectangular-Cut
GIA
CHF 9,233,000-
(USD 8,785,366-)
・約9億1970万円
・1ct当り・・・約6870万円
・Pt / K18WG リング タイプIIb
2008年
9月
リーマン・ショック 100年に一度の世界同時不況へ
2008年
12月
クリスティーズ
ロンドン
Fancy Deep Grayish Blue
35.56
VS-2
Cushion-Shaped
GIA
GBP 16,393,250-
(USD 24,311,191-)
・約22億5000万円
・1ct当り・・・約6330万円
・リング タイプIIb
・青いヴィッテルスバッハ(Der Blaue Wittelsbacher)
・歴代所有者
1664年:スペイン国王フェリペ4世(King Philippe IV)が娘マルガリータ(Margarita Teresa)王女と神聖ローマ皇帝レオポルト1世(Leopold I)との婚約を祝して、マルガリータ王女に贈る。
その後、神聖ローマ帝国皇帝も輩出したドイツ・バイエルンの名家ヴィッテルスバッハ(Wittelsbacher)家が代々受け継ぎ所有。
1964年〜個人の所有物
・落札者:ローレンス・グラフ氏
・リーマン・ショック後にもかかわらず、ロンドンで落札されたオークション史上ダイヤモンド最高価格更新(落札時)。
2009年
5月12日
サザビーズ
ジュネーブ
Fancy Vivid Blue
7.03
IF
Modified Rectangular Brilliant-Cut
GIA
CHF 10,498,500-
(約USD 9,490,000-)
・約9億1000万円
・1ct当り・・・約1億2950万円
・南アフリカ カリナン鉱山産
・リーマン・ショック後にもかかわらず、1ctあたりのダイヤモンド最高価格更新(USドルベース)。
▲ ページトップへ
■Pink Diamond ピンクダイヤモンド
ピンクダイヤモンド
▲ ピンクダイヤモンド ルース

Fancy Vivid Pink (natural), 0.084ct, SI-2, Murquise Brilliant, AGT,(CGL)

ピンクダイヤモンドルース画像
▲ ピンクダイヤモンド ルース

Very Light Pink (natural), 0.163ct, SI-1, Marquise Brilliant, Type-2-a,CGL

●ブルーダイヤモンド同様の評価を受けるのが、「ピンクダイヤモンド」です。1カラット以上の大粒の天然のピンクダイヤモンドは、世界で年間で数十個、2〜3カラットクラスになると数個しか採掘されないといわれています。
●産出量の少なさと、世界的な人気の高まりから、今後しばらくの間は高値で推移することは、まず、間違いないと思います。(2000年〜2007年、ほぼ毎年値上がりしています。私の想定をはるかに超える率です。)

●実際に2001年9月の米国同時多発テロ以降、欧米の資産家が競ってピンクダイヤモンドを入手したという話も聞きました。資産のリスク分散を図ったようです。

有名なピンクダイヤモンド

【ダリャ・イ・ヌール】 The Darya-i-nur (光の海、光の川)
・182ct
・世界最大のピンクダイヤモンド。イラン 宝石博物館蔵

【シュタインメッツ・ピンク】 The Steinmetz Pink
・59.60ct
・Fancy Vivid Pink、IF(Internally Flawless)
・世界最大のFancy Vivid Pink ダイヤ、アフリカ産
▼カラーグレード別数量(%)

Fancy Vivid : 4%
Fancy Deep : 10%
Fancy Intense : 19%
Fancy : 33%
Fancy Light : 10%
Light : 11%
Very Light : 5%
Faint : 8%
▼カラット別数量(%)

0.99ct以下 : 49%
1.00〜2.99ct : 40%
3.00〜4.99ct : 5%
5.00〜9.99ct : 5%
▲10.00ct 〜 : 1%
▼クラリティ別数量(%)

Flawless or IF : 7%
VVS : 15%
VS : 29%
SI : 35%
I : 14%
●グラフは、ブルーダイヤ同様GIAがグレーディングしたピンクダイヤの数量分布です。

●やはりGIAと言うべきなのか、品質の高いピンクダイヤが鑑定に持ち込まれているのですね。
●クラリティで『Iクラス』が14%しかないなんて信じられません。通常市場に出回るのは、Iクラスが50%以上でしょうから・・・。
●また、カラットでも1.00〜2.99ctが40%を占めているなんて、驚きです!

●世界のピンクダイヤモンド・マーケットは、日本人の想像を超えるものが主流なんですね(涙)。

●それぞれのグラフの母数は、カラーグレードとカラットがそれぞれ1490ピース、クラリティは691ピースです。

●資産価値の観点から見ると、3.00ct以上、Fancy以上でしょうか(Fancy Deepは好みが分かれますので、微妙ですが)。
●単純にGIAがグレーディングした3.00ct以上は世界に164ピースしかないわけです。その中でもFancy以上となると100ピース程度でしょうか(やはりあくまで私見です・・・)。

●ここ数年、ハリウッド女優が買い漁っているという噂もまんざらウソではないかもしれませんね(^^;)
●オークション落札価格 (落札価格は、「1カラット当たりの金額」×「カラット数」で計算している場合もあるため、多少の差異が生じている場合があります。)
 
開催年月 オークションハウス カラーグレード カラット クラリティ カット・シェイプ 鑑定機関 落札価格 備考
1994年
11月
クリスティーズ  Fancy Pink  19.66 GIA US$7,421,315
1995年
11月
サザビーズ  Fancy Intense Pink 7.37 GIA US$6,035,020
1999年
5月
クリスティーズ Faint Pink 20.83 GIA US$9,873,420
    Fancy Pink 5.74 GIA US$3,817,100
2008年
4月
サザビーズ
香港
Fancy Intense Pink 4.45 IF Radiant GIA HK$15,671,500 ・約2億円以上
・リング
2009年
5月12日
サザビーズ
ジュネーブ
Fancy Intense Pink 5.29 VS-2 Pear-Shaped GIA CHF2,266,500- ・1億9645万円
・タイプII-a
・プラチナ・リング
▲ ページトップへ
■Red Diamond  レッドダイヤモンド
レッドダイヤモンド ルース
▲ レッドダイヤモンド ルース

Fancy Purplish Red (treat), 0.274ct, SI-1, Round Brilliant, CGL

●レッドダイヤモンドも存在すら知らない人が殆どの『レア中のレア』ダイヤです。
●ピンクが濃くなって「レッド」と評価される特殊なカラーですので、レッドそのものの色が存在しているという解釈はちょっと違います。難しいですが「なんとなくそんなものか〜」と受け止めておいてください(笑)。

●GIAの評価基準では、「Fancy Red」、「Fancy Purplish Red」「Fancy Orangy Red」の3種類が基本としてあります。
●とにかく産出量が少ないピンクの中からさらに選別されるカラーですので、殆ど存在しません。

●価格は一概には言えませんが、1ctクラスで綺麗なものですと、東京都心の 超高級マンションが買えるかもしれませんね!
ご参考までに、1987年のオークションで『ハンコック・レッド・ダイヤモンド ( Hancock Red Diamond ) 』 と呼ばれる 『Fancy Purplish Red、 0.95ct、 ラウンドブリリアントカット(鑑定機関:GIA)』がUS$880,000-で落札されています。20年前でこの価格ですから今ですといくらになるのでしょう。

有名なレッドダイヤモンド

【ムサイエフ・レッド】 Moussaieff Red
・5.11ct
・Fancy Red
・triangular brilliant (trillion, trilliant) cut
世界最大のレッドダイヤモンド。イギリス ロンドン ムサイエフ夫人所有
●オークション落札価格
 
開催年月 オークションハウス カラーグレード カラット クラリティ カット・シェイプ 鑑定機関 落札価格 備考
1987年
4月28日
クリスティーズ
ニューヨーク
Fancy Purplish Red 0.95 --- Circular-Cut GIA USD 880,000- ・約¥1億2760万円
・1ct当り・・・約1億3400万円
・Hancock Red Diamond (ハンコック・レッド・ダイヤモンド)
・おそらくブラジル産
・GIAには1956年に初めて持ち込まれた。
2000年
5月1日
クリスティーズ
香港
Fancy Purplish Red 0.59 SI-2 Oval-Cut GIA HKD 2,025,000- ・約¥2815万円
・1ct当り・・・約4770万円
・Pt リング GRAFF
2001年
5月1日
クリスティーズ
香港
Fancy Red 0.73 I-1 Rectangular-Cut GIA HKD 3,015,000- ・約¥4770万円
・1ct当り・・・約6500万円
・ブローチ
2001年
6月13日
サザビーズ
ニューヨーク
Fancy Purplish Red 0.51 --- Cut-Cornered Rectangular Mixed Cut GIA USD 92,750- ・約¥1130万円
・1ct当り・・・約2220万円
・ルース
2001年
10月24日
Phillip's de Pury
New York
Fancy Red 1.92 --- Radiant-Cut GIA USD 1,652,500- ・約¥2億270万円
・1ct当り・・・約1億550万円
2002年
4月15日
Fancy Red 1.05 SI-2 Oval-Cut GIA USD 442,500- ・約¥5850万円
・1ct当り・・・約5570万円
2004年
4月21日
サザビーズ
ニューヨーク
Fancy Purplish Red 0.59 --- Pear Shape GIA USD 120,000- ・約¥1306万円
・1ct当り・・・約2200万円
・K18WG リング
2004年
11月1日
サザビーズ
香港
fancy purplish red 0.91 SI-1 Cut-Cornered Square Modified Brilliant GIA HKD 4,318,400- ・約¥5890万円
・1ct当り・・・約6470万円
・K18WG リング
2007年
4月25日
クリスティーズ
ニューヨーク
fancy purplish red 1.59 VS-2 Modified rectangular-cut GIA USD 958,400- ・約¥1億1360万円
・1ct当り・・・約7150万円
・ルース
2007年
11月15日
クリスティーズ
ジュネーブ
Fancy Purplish Red 2.26 SI-2 Modified Octagon-Shape  GIA CHF 2,961,000-
(USD 2,646,000-)
・約¥2億9380万円
・1ct当り・・・約1億3000万円
・購入者:ローレンス・グラフ氏
・K18 Pink Gold リング
▲ ページトップへ
■Purple Diamond  パープルダイヤモンド
ナチュラル(天然)パープルダイヤモンド画像
▲ パープルダイヤモンド ルース

Fancy Light Pink Purple (natural), 0.185ct, SI-1, Round Brilliant, CGL

パープルダイヤモンド ルース
▲ パープルダイヤモンド ルース

Fancy Purple (natural), 0.120ct, I-1, Round Brilliant, AGT,CGL

●パープルダイヤモンドもレッドダイヤに勝るとも劣らないカラーダイヤです。
●紫色に見えても鑑定結果は「ピンク」ダイヤになったり、色が濃く見えると「ディープ」ではなく「ブラウニッシュ」と評価されたり、とにかくコレクターアイテムです。

●出会えたときに入手しないと次が無いカラーダイヤであることは間違いないと思います。


有名なパープルダイヤ

【ロイヤル・パープル・ハート】 The Royal Purple Heart
・7.34ct
・Fancy Vivid Purple、I-1
世界最大のFancy Vivid Purpleダイヤモンドといわれている。
▲ ページトップへ
 ■Violet Diamond  バイオレットダイヤモンド
天然(ナチュラル)バイオレットダイヤモンドルース画像
▲ バイオレットダイヤモンド ルース

 Fancy Gray Violet / Fancy Deep Violet (natural), 0.057 / 0.058ct, SI-2, Pricess, AGT / CGL

●バイオレットダイヤモンド(ヴァイオレットダイヤモンド)もやはり超希少です。レッドダイヤモンドと殆ど同じくらい希少です。
●よく「パープルダイヤ」と「バイオレットダイヤ」とどう違うの?とたずねられますが、大雑把に言うと「パープルダイヤ」は「赤紫」、「バイオレットダイヤ」は「青紫」となります。

●本当に希少なので、情報も少なくてすいません。また新しい情報が入り次第、Upします。
▲ ページトップへ
■Green Diamond  グリーンダイヤモンド
グリーンダイヤモンドルース画像
▲ グリーンダイヤモンド ルース

Very Light Green (natural), 0.32ct, VS-2, Round Brilliant, GIA

グリーンダイヤモンドルース画像
▲ グリーンダイヤモンド ルース

Faint Green (natural), 0.304ct, VVS-1, Round Brilliant, Heart & Cupid, CGL

●グリーンダイヤモンドも非常に希少です。
●色の起源が「天然(ナチュラル)」か「人為的」なものかの判定が非常に難しい色合いのため、GIAでは30%位は色の起源が判定不能ということで鑑定できないといわれています。

●最近人気の『アップルグリーンダイヤモンド』は、蛍光の非常に強い、イエロー・グリーン〜グリーン・イエローの色調を示すトリートメントダイヤモンドです。
天然でも同じような色調を示すグリーンダイヤモンドもありますが、中々市場に出てこないですね。

●黄緑色に見えるダイヤモンドですと、鑑定を取ると「Greenish Yellow」などと最後の色調が「Yellow」のものがあります。こちらは、「イエローダイヤモンド」です。
あくまで「○○ Green」と、最後にGreenの表示がなされているのがグリーンダイヤモンドですので、よく似ていますが、評価・価格が全く違ってきますので注意が必要です。

有名なグリーンダイヤモンド

【ドレスデン・グリーン・ダイヤモンド】 Dresden Green Diamond
・40.71ct, VS-1
世界最大の天然グリーンダイヤ。 ドイツ ドレスデン 宝物美術品博物館

【オーシャン・ドリーム】 The Ocean Dream
・5.51ct, Fancy Deep Blue Green, Modified Triangular Cut
▲ ページトップへ
■Orange Diamond  オレンジダイヤモンド
天然(ナチュラル)オレンジダイヤモンドルース画像
▲ オレンジダイヤモンド ルース

Fancy Pinkish Orange (natural), 0.320ct, SI-1, Cut-Corner Rectangular Modified Brilliant Cut, Type2a, CGL

天然(ナチュラル)オレンジダイヤモンドルース画像
▲ オレンジダイヤモンド ルース

Fancy Intense Yellow Orange (natural), 0.072ct, VS-2, Marquise Brilliant, AGT

●オレンジダイヤモンドも非常に希少です。
●目が覚めるような鮮やかなオレンジ色のダイヤモンドは、敬愛の念を込めて『パンプキンダイヤモンド』と呼ばれることがあります。

●イエロー系〜ブラウン系まで色々な表情を見せてくれ、『コニャックダイヤモンド』、『シャンパンダイヤモンド』、『ダージリンダイヤモンド』、『マンダリンダイヤモンド』など愛称を付けることもあります。

有名なオレンジダイヤモンド

【パンプキン・ダイヤモンド・ブローチ】
・5.54ct, Fancy Vivid Orange, Cushion shaped Modified Brilliant cut
・42.77ct(全ダイヤモンド合計)
The House of Harry Winston (ハリー・ウィンストン)
▲ ページトップへ
■Yellow Diamond  イエローダイヤモンド
●比較的数量の多いのは、「ブラウンダイヤモンド」や「イエローダイヤモンド」ですね。

●厳密な基準ですと、「Fancy ○○ Yellow」や「Fancy ○○ Brown」は、カラーダイヤモンドとしてのイエローダイヤモンドやブラウンダイヤモンドです。
●間違いやすいカラーとして、「Fancy」の付かない「Under N (Very Light Brown)」や「Under S (Light Yellow)」等は、カラーダイヤモンドの範疇ではなく、あくまで「D」〜「Z」までの基準による(通常の)ダイヤモンドとなります。

●「ブラウンダイヤモンドとイエローダイヤモンド」以外のカラーダイヤ、つまりピンクダイヤモンドやブルーダイヤモンド等は「Faint」や「Very Light」等でも「カラーダイヤモンド」としての区分けになります。

●例えば、「Very Light Pinkish Brown」はカラーダイヤモンドで、「Very Light Yellowish Brown」はカラーダイヤモンドではなく「D〜Z」の通常のダイヤモンドとなります。

●それぞれの接頭辞についての説明は「Grading」をご参照下さい。

●一昔前までは、ブラウンダイヤモンドやイエローダイヤモンドは「ダイヤじゃない」みたいに言われ、価値が低く見られていました。
●しかし、例えば、「カナリーダイヤモンド」と言われる最高級のイエローダイヤモンドは、無色透明のダイヤモンドをはるかに凌ぐ評価を得ていて、価格も飛びぬけています。

●このように「イエローダイヤモンド」や「ブラウンダイヤモンド」を低い評価で見るのはすでにナンセンスなのです。
かつての宝石業界の悪しき伝統が、いまだに正しい知識のように思われている現実について、宝石業界は深く反省をして、消費者の方に正確な情報を公開すべきなのです。
●一宝石関係者として、反省するとともに、この点は声を大にして言いたいです。


イエローダイヤモンドルース画像
▲ イエローダイヤモンド ルース

Fancy Vivid Yellow (natural), 0.316ct, SI-1, Round Brilliant, CGL

イエローダイヤモンドルース画像
▲ イエローダイヤモンド ルース

Fancy Intense Yellow (natural), 0.53ct, VS-1, Oval Modified Brilliant, GIA

イエローダイヤモンドリング画像
▲ イエローダイヤモンド リング

Very Light Yellow (natural), 1.202ct, VVS-2, Marquise Brilliant, AGT/CGL, Pt950

イエローダイヤモンドルース画像
▲ イエローダイヤモンド ルース

Fancy Vivid Yellow (natural), 0.193ct, SI-1, Marquise Brilliant, CGL
 ▼有名なイエローダイヤモンド
【ティファニー・ダイヤモンド】 Tiffany Diamond
(バード オン ア ロック セッティング)
・128.54ct、Fancy Yellow、VS-1
・『カナリー・イエロー』と呼ばれるダイヤモンドの中で最も美しく有名。Tiffany & Co. (ティファニー・アンド・カンパニー)

【インコンパラブル・ダイヤモンド】 Incomparable Diamond
・407.48ct、Fancy Brownish Yellow、IF
・研磨する前の原石は890ct。ゼール社、ルイス・グリック社、プレミア・ジェム社

【アーカンサス ダイヤモンド】 Arkansas Diamond
(別名:サーシー・ダイヤモンド Searcy Diamond)
・27.21ct、ファインケープ色の見事な正八面体のダイヤモンド原石。Tiffany & Co. (ティファニー・アンド・カンパニー)
▼カラーグレード別数量(%)
   2003年
Fancy Vivid : 6%
↑ Fancy Deep : 2%


Fancy Intense : 24%
Fancy : 46%
Fancy Light : 21%
 ▲Fancy Dark: 1%以下
▼カラット別数量(%)
 1998年+2003年
 0.99ct以下 : 14%
1.00〜2.99ct : 56%
3.00〜4.99ct : 13%
5.00〜9.99ct : 12%
10.00ct 〜 : 5%
▼クラリティ別数量(%)
   2003年
Flawless or IF : 5%
VVS : 22%
VS : 51%
SI : 19%
▲ I : 3%
●グラフは、GIAがグレーディングしたイエローダイヤの数量分布です。

●なんと1998年と2003年のグレーディングされたイエローダイヤの合計は、24,668ピース。
●ブルーが462ピース、ピンクが1,490ピースという数量と比較すると、断然多いですね!

●だから価値が無いとするのは早計です。
●世界の名だたるスーパーブランドも光り輝くイエローダイヤを最高のジュエリーに仕上げているように、『良いものは良い』のです。

●ま、でもやはりGIAですね、グレードの高いイエローがグレーディングに持ち込まれていますからね!
●ホント、クラリティで『Iクラス』が3%しかないなんて信じられません。

●資産としてのイエローダイヤをお考えの方は、左のグラフを見る限りでは3.00ct以上の綺麗なイエローダイヤを入手しておくと良いかもしれませんね!
●あくまで【カラーダイヤ】ですので、Fancy Intense か Fancy Vivid の3.00ct以上(出来れば5.00ct以上)であれば、世界のマーケットで通用するのではないでしょうか。
●クラリティは良いに越したことありませんが、あまり神経質になりすぎると、『木を見て森を見ず』になりかねませんです(またしてもあくまで私見ですので・・・)!

●ただ、入手できるときに入手しておくのはやはり鉄則だと思います。
●オークション落札価格 (落札価格は、「1カラット当たりの金額」×「カラット数」で計算している場合もあるため、多少の差異が生じている場合もあります。)

開催年月 オークションハウス カラーグレード カラット クラリティ カット・シェイプ 鑑定機関 落札価格 備考
1990年   Fancy Intense Yellow 18.49 GIA US$3,761,993 別名『Golden Drop (ゴールデン・ドロップ)』
1997年 Fancy Vivid Yellow 13.83 GIA US$3,302,493
2005年
2月
サザビーズ Fancy Vivid Yellow 10.02 GIA US$772,848 約¥8107万1755円
2009年
5月12日
サザビーズ
ジュネーブ
Fancy Vivid Yellow 18.13 VVS-2 Marquise Modified Brilliant-Cut GIA CHF1,178,500- 約1億215万円

▼カラーチャートに沿って弊社で販売中(または売約済み)のイエローダイヤモンドを並べてみました。


天然(ナチュラル)オレンジ・イエローダイヤモンド画像

天然(ナチュラル)オレンジ・イエローダイヤモンド画像
▲ご参考画像1,2 それぞれ白い背景、黒い背景で撮影しました。

手前左 手前中央 奥中央 手前右
カラー Fancy Orange Yellow Fancy Vivid Orange Yellow Rancy Intense Orange Yellow Fancy Deep Orange Yellow
カラット 0.078ct 0.085ct 0.260ct 0.138ct
クラリティ I-1 I-1 SI-2 VS-2
カット Round Brilliant Pear Brilliant Marquise Brilliant Hexagonal Modified Brilliant
蛍光性 Medium Yellowish Green none Medium Yellow none
鑑定機関 中央宝石研究所 AGTジェムラボラトリー
品番 31531 32814 32388 32810

形状も様々なので、単純比較は出来ませんが、同じ「オレンジ・イエロー」でも接頭辞(ファンシー・ビビッドなど)によって結構な違いが判る組み合わせですね!

改めてカラーダイヤモンドの虜になってしまいます。
▲ ページトップへ
■Brown Diamond  ブラウンダイヤモンド
ブラウンダイヤモンドルース
▲ ブラウンダイヤモンド ルース

Fancy Brown (natural), 0.636ct, VS-1, Octagonal Brilliant Cut, AGT & CGL

ブラウンダイヤモンドルース画像
▲ ブラウンダイヤモンド ルース

Fancy Dark Brown (natural), 0.630ct, SI-2, Heart Brilliant, AGT

ブラウンダイヤモンド K18WG イヤリング
▲ ブラウンダイヤモンド イヤリング

K18WG, Diamond ( total ) = 2.00ct, Round Brilliant

●ブラウンダイヤモンドはイエローダイヤ同様、産出量も多く、比較的安価に入手することができるカラーダイヤモンドの一つです。
●ただ、やはり勘違いしてはいけないのが、「ブラウンダイヤ=粗悪品」ではないということです。

●最高級の色合いのブラウンダイヤは「コニャックダイヤ」などと称賛され、コレクターの中でも人気のダイヤです。
●また右画像のように世界で最も有名なダイヤの一つである「The Star of the South」も、鑑定結果的にはブラウンダイヤモンドなのです。

●単純に「ブラウン=粗悪品・安価」と考えるのはあまりにも悲しすぎると思います。

●またブラウンダイヤはないですが、色が濃く見えるカラーダイヤの場合、「Fancy Deep ○○」などでなく、「Fancy Brownish ○○」と鑑定される場合が良くあります。
●どうしても日本人は「ブラウン」が付くと敬遠する傾向がありますが、あくまで鑑定結果であって、自分の見たインスピレーションを大切にしたいものです。

●なお、ブラウンダイヤモンドには、「Fancy Vivid Brown」や「Fancy Intense Brown」というグレーディング結果は基本的に存在しません(2006年4月現在GIA基準)。

有名なブラウンダイヤモンド

【スター・オブ・ザ・サウス】 The Star of the South
・128.48ct
・Fancy Light Pinkish-Brown、VS-2
世界で最も有名なダイヤモンドの一つ。
▲ ページトップへ
■Black Diamond ブラックダイヤモンド
ブラックダイヤ ルース 画像
▲ ブラックダイヤモンド ルース

 1.84ct

ブラックダイヤK18WGペンダントネックレス画像
▲ ブラックダイヤモンド ペンダントネックレス

 0.90ct, K18WG

メンズリング K18WG ブラックダイヤ 画像
▲ ブラックダイヤモンド リング

 0.50ct, K18WG

●ナチュラル(天然)のブラックダイヤモンドも稀です。黒くなった原因は、暗色の微細な含有物があるため。

●カーボンと呼ばれる黒色の内包物などが大小、大量にあるため、見た目に黒く見えます。殆どの場合、不透明となっています。

どの位稀かというと、中央宝石研究所のグレーダーの方で、ここ2005年位〜2012年位で1〜2個しか鑑別していないとの事です。

おそらく、ナチュラルのブラックダイヤという認識のあるダイヤモンド業者が少ない、それどころか黒い内包物だらけの黒く見えるダイヤは鑑定書や鑑別書をとる意味が無いと考えている業者も多いからだと思われます。

===以下の内容は、2012年4月時点で===

●カラーグレードは、「Fancy Bleck」のみ。「Fancy Vivid Black」とか「Fancy Intense Black」とか「Very Light Black」というグレードはありません。

 上記のカラーグレードを出すのは、GIAのみで、しかも「COLORED DIAMOND IDENTIFICATION AND ORIGIN REPORT (通称:カラーオリジンレポート)」のみです。

 従いまして、基本的に記載されるのは、「Shape and Cutting Style(形状、カット名)」「Measurements(寸法)」「Weight(重量:カラット数)」「Color Grade」「Origin(色の起源)」「Grade(グレード)」「Distribution(色の分布)」「Comments(コメント)」となります。

 ですので、クラリティの評価はありません。

●ちなみに、日本国内ですと、

 中央宝石研究所は鑑別書のみの発行、

 AGTジェムラボラトリーは鑑定書も鑑別書も発行いたしません。

●AGTジェムラボラトリーが発行しない理由と致しましては、分光分析などが出来ないため、色の起源の判定が難しいからとの事です。

===以上、2012年4月現在の情報・基準です===


●通常、市場で見かけるものは、トリートメントのブラックダイヤモンドが殆ど全てです。

●パッと見、オニキスやヘマタイトと勘違いする方もいます。しかし、トリートメントとはいえ、輝きの強さは並べるまでも無く、圧倒的な違い、光の強さを感じられるはずです。
 やはり、ダイヤモンドなのです。

●なお、処理の方法としては、「加熱」「放射線照射」「イオン注入」などがあるようです。


有名なブラックダイヤモンド

【ブラック・イザベル W-A】
・82.06ct、アメリカ自然史博物館

【The Spirit of de Grisogono】
・312.24ct、 世界最大のブラックダイヤモンド

【ブラック・オルロフ・ダイヤモンド】 Black Orloff Diamond
( 別名:アイ・オブ・ブラマ・ダイヤモンド Eye of Brahma Diamond)
・67.5ct,Cushion Cut
▲ ページトップへ
■Chameleon Diamond カメレオンダイヤモンド
 
カメレオンダイヤモンド画像
▲左が常温状態、右が加熱後
もちろん、同じダイヤの加熱前・加熱後です!

カメレオンダイヤモンドルース画像
▲ カメレオンダイヤ ルース

Fancy Gray Green Yellow (natural), 0.138ct, SI-1, Cushion Modified Brilliant, CGL

カメレオンダイヤモンドルース画像
▲ カメレオンダイヤモンド ルース

Light Green Gray (natural), 0.233ct, I-1, Round Brilliant, AGT

●ちょっと記憶が定かでないのですが、アメリカの宝石店がヨーロッパのダイヤモンドディーラーにオリーブ色のダイヤを注文しました。荷物が届いて中のダイヤモンドを見たらイエローダイヤが入っていた。
そこでアメリカの宝石店が「イエローダイヤが入っていた」と文句を言ったら、ヨーロッパのディーラーは「いや間違いなくオリーブ色のダイヤを入れて発送した」と応酬。
そこでよく調べてみたら、何と色が変わるダイヤモンドだった!

●「カメレオンダイヤ」発見(?!)のきっかけはそんな話だったと聞いたことがあります。

●と、思っていたのですが、どうやら正式な発見は1943年、2.24ctのダイヤモンドとのことです。光をあてたときにブロンズ色から緑色に変化し、C.A.Kiger社によってカメレオン・ダイヤモンドと名付けられました。

●カメレオンダイヤの定義は、全国宝石学協会によると『ある期間(例えば一晩中)暗所に保管した場合や緩やかな加熱( アルコール・ランプなどで200℃〜300℃程度)によって一時的(数秒から数分)に変色するダイヤモンド』と定義されるようです。

●色が変わるので有名な宝石は「アレキサンドライト」ですが、アレキは光源(光の波長)によって変色しますが、カメレオンダイヤは、温度と光によって変わるのが殆どです。

●一般的なカメレオンダイヤは、常温でオリーブグリーン〜グリーングレー系の色をもち、加熱後は淡いレモン色〜オレンジイエローの色調を持ちます。
●加熱温度は大体150℃位です。ダイヤですのでもちろん直接火を当ててしまっては炭(!)になってしまうかもしれませんので、ご家庭などでは ステンレスのスプーン などの上にカメレオンダイヤを置いて、 ライター などで ステンレスのスプーン の下側に炎を当てて加熱してください。
もちろん、急激な温度変化は破損の原因となりますので徐々に温め、冷やすときは室温で冷ましてくださいね。

●加熱だけでなく、 冷蔵庫 など冷暗所に一晩置いておき、朝出すと色がやはり変化しているものもあります。加熱ほど目立った変化ではないですが、リングなどに加工しても色の変化を楽しめます。(リングにしたら加熱は出来ないですからね(笑))
●もちろん、ダイヤによって大きく変色するものもあれば、それほど変化しないものも様々です。

●稀にですが『リバース・カメレオンダイヤモンド』と呼ばれるカメレオンダイヤも存在します。通常状態でイエロー系の色調を持ち、加熱後オリーブグリーン系に変色するタイプです。通常のカメレオンダイヤとは反対の変色性を持ちますので『リバース』と名づけられたようです。これからはイエローダイヤも加熱してみなければ(笑)。
▲ ページトップへ
■Cognac Diamond & Champagne Diamond & Pumpkin Diamond
コニャックダイヤモンド&シャンパンダイヤモンド&パンプキンダイヤモンド
パンプキンダイヤモンド
パンプキンダイヤモンド


コニャックダイヤモンド
コニャックダイヤモンド


シャンパンダイヤモンド
シャンパンダイヤモンド


よく店頭などで「コニャックダイヤモンド(Cognac Diamond)」とか「シャンパンダイヤモンド(Champagne Diamond)」、「パンプキンダイヤモンド(Pumpkin Diamond)]などと銘打ったカラーダイヤモンドがあります。
しかし、グレーディング(鑑定)結果で「コニャック」とか「シャンパン」とか記載されることはないと思って頂いて間違いありません。

●オレンジダイヤモンド、ブラウンダイヤモンド、イエローダイヤモンドなどの評価を受けるカラーダイヤモンドが前述の名称で販売されているのです。

●でも、「コニャック」や「シャンパン」なんてステキなネーミングですよね。

シャンパンダイヤ&コニャックダイヤ画像
左二つがシャンパンダイヤモンド、
  右二つがコニャックダイヤモンド 
  (中央のリングはDカラーダイヤモンドリング)

左から、1.02ct、1.06ct、0.541ct、1.05ct、1.67ct
▲ ページトップへ
 ▼オススメ book!

Collecting and Classifying Coloured Diamonds
−カラーダイヤの『バイブル』と言っても過言ではない一冊!−

アメリカ、ニューヨークにあるダイヤモンド会社、オーロラ社が収集した260個からなるカラーダイヤモンドのコレクション。

このコレクションは、オーロラ社の二代の社長であるアラン・ブロンシュタイン氏とハリー・ロドマン氏とが、20年にわたって収集したもので、全てが微妙に色の異なる260点、合計231.78ctのカラーダイヤモンドコレクションです。

0.13ct〜2.88ctと大きさはそれ程でもないですが、色の多様さに関しては世界一といっても過言ではないでしょう!

彼らはこのコレクションを基にカラーダイヤモンドの『バイブル』ともいえるこの本を1999年に出版いたしました。


Forever Brilliant: The Aurora Collection of Colored Diamonds
カラーダイヤモンドにご興味のある方には、ぜひオススメの1冊です。上記の本の入門版のような感じの本です。

アメリカ、ニューヨークにあるダイヤモンド会社、オーロラ社が収集した260個からなるカラーダイヤモンドのコレクションを、全てカラー写真で掲載しています。

1ピース1ピースのカラーダイヤモンドを眺めているだけでも、幸せなひと時を過ごせます♪

このコレクションは、オーロラ社の二代の社長であるアラン・ブロンシュタイン氏とハリー・ロドマン氏とが、20年にわたって収集したもので、全てが微妙に色の異なる260点、合計231.78ctのカラーダイヤモンドコレクションです。


The Most Fabulous Jewels in the World: Graff

かの有名な「GRAFF」の歴史とまさに素晴らしい宝石を惜しげなくと掲載している一冊。

GRAFFならではのイエローダイヤモンドはもちろん、ピンクダイヤ、ブルーダイヤなど人類の至宝ともいうべきカラーダイヤ。そして、「Dカラー、フローレス」という極限のこだわりを魅せたカラーレスダイヤのコレクション。

世界最高峰を知るにはうってつけの一冊。ご自身の鑑識眼を養うためにもどうぞ!

また、この本の収益は全額、「ネルソン・マンデーラ・チルドレンズ・ファンド」に寄付されるとの事。目の保養と子供達の将来へお手伝いできる、そんな1冊です。


Harry Winston: Rare Jewels of the World (Universe of Design)

私が持っているのはなぜかフランス語版ですが、この本は英語版です。

有名なホープダイヤモンドを始め、人類の宝物のようなあらゆる宝石の数々。そして、マリリン・モンローをはじめ、著名なハリウッド女優から、王族と思われる人たちまで登場する珠玉の一冊。

自身の身の安全のため、生涯で確か2枚しか公表していないハリー・ウィンストン氏本人の2枚のうちの一枚の写真、そして息子であるロナルド・ウィンストン氏の写真も掲載されています。

HARRY WINSTON の世界を垣間見るにはうってつけの一冊です。
▲ ページトップへ

カラーダイヤモンド コレクション Colored Diamonds Collection
ピンクダイヤ
ピンクダイヤモンド
レッドダイヤ
レッドダイヤモンド
オレンジダイヤ
オレンジダイヤモンド
イエローダイヤ
イエローダイヤモンド
グリーンダイヤ
グリーンダイヤモンド
ブルーダイヤ
ブルーダイヤモンド
バイオレットダイヤ
バイオレットダイヤモンド
パープルダイヤ
パープルダイヤモンド
ブラウンダイヤ
ブラウンダイヤモンド
ホワイトダイヤ
ホワイトダイヤモンド
 グレーダイヤ
グレーダイヤモンド
 ブラックダイヤ
ブラックダイヤモンド
カメレオンダイヤ
カメレオンダイヤモンド
バイカラーダイヤ
バイカラーダイヤモンド
レアーダイヤ
レアダイヤモンド


▲無料会員登録のページへ


Copyright(C) Tomizo Tano All Rights Reserved 禁無断複製、無断転載
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。